カラーコーディネーターの資格について

カラーコーディネーター検定試験について

カラーコーディネーター検定試験出題範囲

文部科学省後援 色彩検定試験出題範囲

カラーコーディネーター 難易度&合格率

こんな人たちが検定試験を受検

色のセンスを磨き、色の知識を習得

カラーコーディネーターは「通信」で合格

口コミで好評の通信講座

これからの資格、カラーコーディネーター

カラーコーディネーターは「通信」で合格

このサイトをご覧になっている方はご存知かも知れませんが、カラーコーディネーター検定試験、色彩検定試験には『公式テキスト』があります。各級ごとに編集されていますが、何も丸暗記しなければ合格できないわけではありません。

仮に丸暗記しなければ合格できないとすれば、難易度はグ~ンとアップし、合格率はガクンと下がってしまうでしょう。資格のための検定試験も傾向と対策が重要です。いかに勉強し、どこにポイントを置くかで結果が違ってくるのです。

独学は安上がりでも、有益な情報が手に入らなかったり、過去の出題傾向が十分に分析できなかったりします。合格のためのカリキュラムが用意された通信講座なら、力の入れ具合がわかるので、安心して学ぶことができます。手応えを感じられますから、試験当日は自信を持って答案用紙に向かうことができます。

【通信とその他勉強法との比較】

○通信がいいのは、最適な時期から勉強が始められること。個人差や1日の勉強時間で差はありますが、カラーコーディネーターの合格のための標準学習期間は2~4カ月間。 
3級・2級は年に2回、受験機会がありますから、自分にとって勉強しやすい時期を選んで受講できます。合格に必要なカリキュラムが組まれており、テキストやCD・DVDなどの教材が届くので、好きな場所、好きな時間に勉強できるのもお勧めの理由。

○通学しようにも、希望通りに通える学校を探すのは至難の業。受講料が高いのもネックです。仮に通学できたしても仕事の都合で休めば遅れてしまうだけ。フォローしてもらえず、途中で諦めてしまうことも。

○独学は安上がりでいいのですが、テキスト・参考書選びが上手く行きません。数や種類は豊富でも、自分に合うもの、間違いのないカリキュラムを学べる保証はありません。時間を掛けても効果が期待できないのです。

であれば、通信。カラーコーディネーターの検定試験に合格するためのノウハウを蓄積しているので安心。ただし、どの通信(=通信講座)でもいいわけではありません。TVで観たことがある、新聞に広告が載っていた……知名度があるからではなく、実績や信頼性で選びましょう。インターネットの口コミ情報などを参考にするといいですよ。


※カラーコーディネート・色彩検定の通信講座なら ⇒ ⇒ ⇒ http://color-tsusin.com/

次のページ