カラーコーディネーターの資格について

カラーコーディネーター検定試験について

カラーコーディネーター検定試験出題範囲

文部科学省後援 色彩検定試験出題範囲

カラーコーディネーター 難易度&合格率

こんな人たちが検定試験を受検

色のセンスを磨き、色の知識を習得

カラーコーディネーターは「通信」で合格

口コミで好評の通信講座

これからの資格、カラーコーディネーター

色のセンスを磨き、色の知識を習得

色彩感覚に優れ、ファッションセンスが良く、コーディネートが絶妙!……そんな風に周りから一目置かれる人がいます。もともと、色に興味があり、人を喜ばせることが好きなのでしょう。“好き”を仕事にするのは素敵なことだと思いませんか?

持って生まれたセンスは大切ですが、色のスペシャリスト、コーディネートのエキスパートとして認められるには、専門的な知識を身に付けなければなりません。そして、カラーコーディネーターの資格を取得すれば“プロ”として認められることになります。

色にかかわる資格には、東京商工会議所のカラーコーディネーター検定試験と、社団法人 全国服飾教育者連合会が実施する色彩検定があります。いくら自分のセンスに自信があったとしても、検定試験に合格するには“受験勉強”が必要です。

ある色に対して人はどんな印象を持つのか? 暮らしの中で色の果たす役割とは?自分のセンスではOKだと思うことが、一般的にはNGだったりすることも……仕事として“色と向き合う”なら、カラーコーディネーターの資格を取ったほうが断然有利。センスを磨くことは大切ですが、必要な知識を習得することが不可欠になります。

自分で時間をやりくりし、合格を目指すとしましょう。難易度の低い3級なら、あるいは可能かもしれません。しかし、即戦力として期待される2級は難易度が上がります。ですから、「独学」ではなく、「通信」で勉強したほうが確実に合格できます。なぜ通信が良いのか、それは仕事や学業との両立がしやすいからですし、経済的な面を考えても、専門学校に通うよりも大幅に負担が軽減できるからです。

「独学で?」「通学で?」あるいは「通信で?」……どうやって資格を取ろうかと迷っているなら、「通信」が最適です。合格に必要な知識を無理なく無駄なく吸収でき、難易度がどうであれ、きちんと結果を残すことができる。それが「通信」の良さです。

※カラーコーディネート・色彩検定の通信講座なら ⇒ ⇒ ⇒ http://color-tsusin.com/

次のページ