カラーコーディネーターの資格について

カラーコーディネーター検定試験について

カラーコーディネーター検定試験出題範囲

文部科学省後援 色彩検定試験出題範囲

カラーコーディネーター 難易度&合格率

こんな人たちが検定試験を受検

色のセンスを磨き、色の知識を習得

カラーコーディネーターは「通信」で合格

口コミで好評の通信講座

これからの資格、カラーコーディネーター

カラーコーディネーター検定試験について

東京商工会議所が商標登録している「カラーコーディネーター検定試験」。一方、「文部科学省後援 色彩検定」が正式名称なのは、A・F・T(社団法人 全国服飾教育者連合会)が主催するものです。一度、それぞれのホームページにアクセスしてください。

【カラーコーディネーター検定】 東京商工会議所主催

 

http://www.kentei.org/color/

試験日………3・2級は年2回実施(6月第3日曜日、12月第1日曜日) 
1級は年1回のみ(12月第1日曜日)
試験時間……3級は10:00~(制限時間2時間)、2級は13:30~(制限時間2時間)
1級は10:00~(制限時間2時間30分)
受験資格……学歴や年齢・性別など制限はなし。3級と2級、2級と1級の同日受験可能。
合格基準点…3級:色彩に関する基礎的な知識、理解度を確認。100点満点のマークシート方式で70点以上が合格。「アシスタント・カラーコーディネーター」。
2級:3級の知識に加え、色彩の応用力と幅広い知識を確認。100点満点のマークシート方式で70点以上が合格。「2級カラーコーディネーター」。
1級:各分野における専門的な知識、より実践で役立つ能力を確認。マークシートと論述問題で100点満点、70点以上が合格。「1級カラーコーディネーター『○○色彩』」(『○○』はファッション色彩、商品色彩、環境色彩の3部門)

【色彩検定】 A・T・F主催 

http://www.aft.or.jp/

試験日………3・2級は年2回実施(夏期と冬期) 
1級は年1回(冬期)のみ。1次と2次の試験がある。
試験時間……3級は制限時間70分間、2級は制限時間80分間、1級は制限時間90分間     
受験資格……学歴や年齢・性別など制限はなし。3級と2級、2級と1級の同日受験可能。
合格基準点…3級:色彩に関する基本的な事柄を理解しているか確認。マークシート方式で満点の70%前後が合格。問題の難易度により多少の変動がある。
2級:3級の内容に加え、さまざまな分野の基本的な事柄を理解し、技能を備えているか確認。マークシート方式(一部記述式)で満点の70%前後が合格。問題の難易度により多少の変動がある。
1級:2級と3級の内容に加え、さまざまな分野の事柄を十分に理解し、技能を持っているか確認。1次はマークシート方式(一部記述式)、2次は記述式(一部実技)。満点の70%前後が合格。問題の難易度により多少の変動がある。


※カラーコーディネート・色彩検定の通信講座なら ⇒ ⇒ ⇒ http://color-tsusin.com/

次のページ