カラーコーディネーターの資格について

カラーコーディネーター検定試験について

カラーコーディネーター検定試験出題範囲

文部科学省後援 色彩検定試験出題範囲

カラーコーディネーター 難易度&合格率

こんな人たちが検定試験を受検

色のセンスを磨き、色の知識を習得

カラーコーディネーターは「通信」で合格

口コミで好評の通信講座

これからの資格、カラーコーディネーター

これからの資格、カラーコーディネーター

人が“色”を意識するのはどんな場面でしょうか。洋服を選ぶ時? 料理をしている時? 絵を描く時?……すべて意識して色を選んでいるでしょうか、あるいは、無意識のうちに好みの色を選んでいるでしょうか? 時として色は、人の心理を投影する鏡のような役割をします。色を巧みに扱えば、人に安らぎを与えたり、イライラする気分を味わわせたりすることもできるでしょう。

色の持つ視覚的かつ心理的な効果を用いて人気商品を生み出したり、売上がアップする空間演出ができたりすることも。当たり前のように存在する色ですが、上手にコーディネイトすれば、ある種の効果を得ることができます。色を仕事して取り扱う人をカラーコーディネーターと言いますが、20年ほど前からアメリカで使われ始めました。

色に関するセンスあれば仕事に活かせる、というわけではありません。生まれ持った感性だけに頼らず、専門的な研究に裏付けられた知識を身につけなければ、仕事として色を取り扱うのは難しいでしょう。そこで、カラーコーディネーターとして認定するため、検定試験が始まりました。

まだまだ歴史の浅い資格ですが、カラーコーディネートの重要性が認知されるにしたがって活躍の場が広がっています。一般消費者にアピールしなければならない商品やサービスを提供する場合、パッケージや空間のカラーコーディネイトが決め手になるのです。さまざまな場面で、色を取り扱うプロとして認められるカラーコーディネーター。

就職してからでも、この資格を取ることでキャリアアップができます。今までとは違う分野へ進む際に、あるいは主婦の方が仕事への復帰を果たす際に大きな力になる資格です。カラーコーディネーターとして、新しいジャンルの仕事を開拓するのはあなたかも知れません。できるだけ短期間での合格を果たすために、自分に合う(学習効果が上がり、自信が付く)通信講座を選んで頑張ってください。きっと、新しい自分にも出会えますよ。


※カラーコーディネート・色彩検定の通信講座なら ⇒ ⇒ ⇒ http://color-tsusin.com/