カラーコーディネーターの資格について

カラーコーディネーター検定試験について

カラーコーディネーター検定試験出題範囲

文部科学省後援 色彩検定試験出題範囲

カラーコーディネーター 難易度&合格率

こんな人たちが検定試験を受検

色のセンスを磨き、色の知識を習得

カラーコーディネーターは「通信」で合格

口コミで好評の通信講座

これからの資格、カラーコーディネーター

はじめに

色彩は、人の暮らしに深くかかわるもの。色の使い方をひと工夫すれば、心がなごんだり、落ち着いた気分になったり、空間を演出することができます。色のセンスを磨き、専門的な知識を身に付け、カラーコーディネーターを目指しましょう。
カラーコーディネーターは、色彩のプロフェッショナル。さまざまな分野で、専門知識を活かした仕事ができます。アパレルやコスメ、インテリアなど、幅広い業界・業種で活躍できるのがカラーコーディネーターです。
当サイトは、カラーコーディネーターに関するさまざまな情報をお伝えします。試験のことや合格率・難易度、資格を取るための勉強法など、気になることがあると思います。
そんな方々のために少しでも参考になればと思って開設しました。

 

カラーコーディネーターの資格について

カラーコーディネーターは民間の資格で、2つの団体が認定しています。一つは東京商工会議所、もう一はA・F・T(社団法人 全国服飾教育者連合会)です。ただし、“カラーコーディネーター検定試験”という名称は東京商工会議所の登録商標。ですから、A・T・Fのほうは「色彩検定」(正式名称:文部科学省後援 色彩検定)という名称で行っています。背景については詳述しませんが、どちらも色のスペシャリストを認定していることに変わりありません。
※東京商工会議所カラーコーディネーター検定 = http://www.kentei.org/color/
※A・T・F色彩検定 = http://www.aft.or.jp/

それぞれのホームページに記載されている通り、カラーコーディネーターの資格を取れば、ファッションやコスメ業界などへの就職に有利で、インテリアやあらゆるジャンルの商品開発に携われます。仕事に直結する資格なので頑張り甲斐があります。

東京商工会議所のカラーコーディネーター検定には、難易度が低い順に「3級」「2級」「1級」があり、A・T・Fも同様、3~1級にレベル分けされています。どちらも難易度で言えば、3級がCクラス、2級がBクラス、1級がAクラス。無難なスタートなら3級からですが、仕事(就職)のことを考えれば2級からの受験がいいでしょう。

インターネットなどでカラーコーディネーターの情報を見てみると、「女性向きの資格」「色に興味がある人に最適」などと出ていますが、何も女性限定の資格ではありません。資格を活かして就ける職種は思った以上に幅広く、人気の高い資格のひとつです。

カラーコーディネーター検定、色彩検定とも、特別な受検資格はありません。“何か資格を……”と考えているなら、好きな分野で挑戦するのがいいと思います。3級から2級、1級へと難易度の高い検定試験を目指してステップアップすれば、やりがいの大きな仕事に就けるチャンスがどんどん広がって行きます。

 

次のページ